卒業しても、馬と共に・・・

学生時代に仲間と共に多くの時間を費やした馬術を、卒業後も続けていきませんか?

続けていきたいけど、どうすればいいのか分からない、仕事をしながら続けることができるのか、一人で続ける自信がない、乗馬クラブを選べない、など疑問や不安があると思います。

会社の馬術部と日本社会人団体馬術連盟は、その答えの一つです。

いくつかの企業・官公庁には、馬術部・乗馬同好会が存在します。馬好きの会社・グループ会社の社員が所属しています。そういう企業・官公庁の馬術部・乗馬同好会が集まって、競技会や講習会を企画・開催・運営しているのが、日本社会人団体馬術連盟です。

公益社団法人日本馬術連盟には、都道府県馬連の他に、四つの組成団体があります。大学馬術部が集まる全日本学生馬術連盟、高校馬術部が集まる全日本高等学校馬術連盟、少年団の集まる日本乗馬少年団連盟、そして企業・官公庁の社会人の馬術部の集まる日本社会人団体馬術連盟です。

企業・官公庁の馬術部・乗馬同好会の構成は、会社公認で補助や支援があるものから、非公式な有志の集まりまで、さまざまです。ほとんどの馬術部は、自身の馬場や馬をもっていません。そのため、乗馬クラブに法人会員になったり、個人会員として所属するなどして、練習します。多くの場合、平日は仕事で、週末のどちらかに練習するという形になります。出社前に厩舎作業を行うという馬術部はまずありません。その代わり、部費や会費、騎乗料などが発生するので、自分が社会人として稼いだ給与から支払います。

馬術部に入るということは、学生時代と同じように、一緒に馬に乗る仲間がいるということです。社内の違う部署や職種の人と知り合うことができます。会社内のいろいろな情報が入ってきて、より広い視野を持てるようになります。時に競い合い、時に教えあうことにもなるでしょう。馬場では、仕事で先輩の人に指導することや、後輩から指導を受けることもあるかもしれません。

大事なことは、馬術と仕事とプライベートなどのバランスを取りながら、続けていくことです。大学は4年間でしたが、社会人生活は30年以上あります。時には仕事が忙しかったり、結婚したり、子供が生まれたり、といろいろなことがあり、一時的に、馬から離れてしまうこともあるかもしれません。その時に馬術部があると、いつでも戻って再開することができます。そこには一緒に馬に乗る仲間がいるからです。

いくつかのQ&Aはこちらのパンフレットをご覧ください:

社馬連紹介パンフレット 大学生向け

日本社会人団体馬術連盟は、皆様が卒業後も馬を続けることをサポートします。

馬術部のある会社に興味があるのでOB/OG訪問をしたい、会社内に馬術部がないときにどのように創部すればいいのか、などお問合せいただければ、OB/OGと繋いだり、過去の事例などをご紹介しています。また、他に質問や疑問、不安、提案などがありましたら、下記フォームまたはメール( shabaren@jbg.jp )にて、お気軽にお問い合わせください。


お問合せフォーム:

お問い合わせ項目 (必須)

Print This Page