初級障害馬術講習会 開催レポート

平成29年6月10日(土)に、馬術苑中島トニアシュタールにて初級障害講習会を開催致しました。

昨年度から2回目となる講習会には、八ツ田講師の元、初心者から初級者までのレベルとなる、合計10名(都庁体育会乗馬部2名、富士通(株)馬術部1名、日本アイ・ビー・エム(株)馬術部2名、ソニー馬術部1名、警視庁乗馬同好会3名、三井物産乗馬部1名)の方にご参加頂きました。

レベル別に5名ずつの2班に分かれ、午前と午後にそれぞれ前半後半の2鞍ずつ、班別に騎乗しました。

午前中の前半組は、既に何度か障害経験もあるということで、直線で障害2個を飛越、後半組はほぼ初めての方もいることから、障害1個の飛越となりました。誘導の目印や、ここからはじっと座る!というポイントにはカラーコーンを置いて頂くなど、非常に分かりやすいレッスンでした。また飛越ごとに講師からコメントを頂き、参加者一人一人のレベルに合わせた午前の部となりました。

お昼は少し慌ただしくなりましたが、午前中のレッスンでの疑問点等を中心に午後に向けて、講師とお弁当を食べながらの、Q&Aを中心とした講義を頂きました。

午後は午前中と同じ馬で前半組は簡単なコース走行を行い、後半組も障害2個の飛越を行いました。午前中と同じ馬ということで馬の特徴も把握出来ており、お昼の講義で疑問点などを解消した上で騎乗したことで、1日の中で効率よく学ぶことが出来たと思います。

JBGホースフェスティバルの1か月前という時期に、簡単なコース走行までさせて頂き、障害の初心者・初級者向けには実りの多い講習となりました。八ツ田講師始め中島トニアシュタールの皆様、ありがとうございました。参加者の皆さんもお疲れ様でした。今後も普及委員会では、上級者向けだけでなく、こうした初心者・初級者向けのイベントも開催していきますので、奮ってご参加頂ければと思います。

担当:普及委員会