大会成績

・第1日目の競技結果を掲載します。

第37回キャロットステークス 競技結果 一日目(障害)

第37回キャロットステークス 競技結果 一日目(馬場)

・第2日目の競技結果を掲載します。

第37回キャロットステークス 競技結果 二日目(障害)

第37回キャロットステークス 競技結果 二日目(馬場)

 

審判長講評

<障害馬術競技審判長>

  現馬事公苑最後のキャロットステークスは、時折り降る大雨の中、日頃の成果を試すべく懸命に騎乗するヤングからベテランまで、280名近くの参加がありました。ビギナーズジャンプから(60cm)から中障害(110cm)クラスまで、駈歩のリズムをキープしての騎乗は、雨で足場の悪い馬場でしたが、安定をしていました。今後も練習を重ね、またの参加をお待ちしています。(浅野 純子)

<馬場馬術競技審判長>

 競技会両日ともに激しい雨が降る時もありましたが、馬事公苑改修前の最後の大会ということもあり、多くの参加者がありました。日頃の練習の成果を発揮できるように、出番の直前までしっかりと調整され、本番に臨まれている姿が印象的でした。参加団体のそれぞれのチームの協力体制も良く、今後の更なる技術向上が楽しみな本大会でした。(阪田 恭子)